読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃色めがねでみた世界

私の目からみた世界や、私の感じたこと、考えたことについて、気ままに綴っていきます。

滋賀の紅葉を満喫

秋の終わりが近づく中、高校時代の同級生たちと一緒に滋賀へ紅葉を見に行きました。

 

f:id:slowdreamer:20161127175646j:plain

車の中から見えた田んぼ。道の両脇に鮮やかな田んぼが広がる光景は本当に美しいものです。

 

今回私たちが目指したのは鶏足寺というお寺。なんでも、境内に敷き詰められる真っ赤なもみじのじゅうたんで有名なんだとか。

 

鶏足寺へ続く道は遊歩道になっていて、車で通ることはできません。そこで私たちは遊歩道の入口付近で車を降り、お寺まで30分ほど歩くことに。その道中でも綺麗な景色をたくさん目にすることができました。

 

f:id:slowdreamer:20161127180139j:plain

赤と黄色のコントラスト、そして鐘。お寺の紅葉ならではの、趣のある景色です。

 

遊歩道の途中には、無人市場や五平餅を売っている屋台、とうがらし畑などが並ぶ空間もありました。

 

f:id:slowdreamer:20161127181049j:plain

とうがらしって、こんなふうに生えるんですね!!思っていたのとは逆さまだったので驚きました…。食べると辛いとうがらしですが、生きているときはとっても可愛らしい植物です。

 

遊歩道を歩いただけでもすでに満足感を覚えつつ、ようやく鶏足寺に到着。

f:id:slowdreamer:20161127181412j:plain

ありました、もみじのじゅうたん!本当に一面に敷き詰められています。

この時期にしかない天然のレッドカーペッド、ザクザク音を立てながら歩いてみたいものですが、じゅうたんの上は「紅葉保存区域」とされ人の立ち入りは禁じられていました。…たしかに、大勢の人がこのじゅうたんを踏み固めたら、あっという間に茶色いぺちゃんこのじゅんたんになってしまいますものね。

 

「紅葉を見るには少し遅いかな…」と心配しながら行ったドライブでしたが、もみじの落葉でできたじゅうたんを見るにはちょうど良い時期だったようです。

真っ赤に色づいた境内の中で写真撮影や散歩を楽しみ、鶏足寺をあとにしました。

 

続いて私たちが向かったのは、鶏足寺のすぐそばにある石道寺。

ここでも赤が主役でした。

f:id:slowdreamer:20161127183129j:plain

f:id:slowdreamer:20161127183208j:plain

 

ひとしきり赤を楽しんだ私たち、次に目指したのはオレンジ色のメタセコイア並木です。しかし石道寺をあとにした時点で、すでにだいぶ日が暮れていました。はたしてどんな景色が見られるのか…!?

 

着きました。これが滋賀県マキノ町メタセコイア並木、夜バージョン。

f:id:slowdreamer:20161127183853j:plain

まっすぐに立ち並ぶメタセコイア、暖かい色の街灯、通り過ぎる車のライト…。

オレンジ色かどうかはわかりませんが、これはこれで幻想的な光景。本日のミッション、無事に完了です。

 

友人たちと色々な話をしながら、滋賀のいいところをぐるっと巡った楽しい旅でした。

秋の最後にいい思い出ができて良かった!

もうすぐ冬がやってきますが、冬も素敵な思い出をたくさん作りたいと思います。