桃色めがねでみた世界

私の目からみた世界や、私の感じたこと、考えたことについて、気ままに綴っていきます。

護国寺界隈を歩く

 

f:id:slowdreamer:20171015013840j:plain


今年の春に就職・上京してきた私ですが、

早くも半年が経ち生活にも慣れ、東京を観光する余裕もでてきました。

ところが観光をしようにも、土地勘がないのでどこへ行ったらよいやらわかりません。

そんなわけで、ガイドブックを一冊購入してみました。

f:id:slowdreamer:20171015002941j:plain

行ってみたいと思ったページには付箋をつけています。

数ある付箋ページの中から今回は、護国寺周辺エリアを散策してみることにしました。

 

散歩をより楽しむために、私は独自のルールをひとつだけ設けました。

それは、「Googleマップは使わない、見ていいのは紙の地図だけ。」というものです。

もともと地図が苦手で方向音痴の私ですが、

近頃はGoogleマップの登場により道に迷うことは少なくなりました。

とても便利でありがたいのですが、

それに頼ってばかりいては自分自身が衰えてしまいます。

そこで今日は、購入したガイドブックに載っている地図と周辺の看板だけを頼りにお散歩を遂行しました。ガイドブックを手にきょろきょろしながら歩いている私は、さぞかし田舎者に見えたことでしょう。でも周囲の景色から必死に情報を集めようとすることで、色々な発見が得られて非常に有意義でした。

今後も、Googleマップを使わないお散歩を継続してみたいと思います。

 

さて、今回の旅はJR池袋駅からスタートしました。

最初に目指したのは「威光山法明寺(いこうさん ほうみょうじ)」です。

f:id:slowdreamer:20171015004814j:plain

f:id:slowdreamer:20171015005256j:plain

境内は木々や苔で覆われ、心落ち着く空間です。

桜の名所としても知られているそうなので、春にもう一度来てみたいと思います。

 

続いて、法明寺のすぐそばにある「鬼子母神堂(きしもじんどう)」へ。

鬼子母神とはインドの神様ですが、もとは人間の子どもをさらって食べる鬼女でした。ところがお釈迦様が鬼子母神の子どもを隠し、子どもを失う悲しみを鬼子母神に諭すと、彼女は泣いて改心し安産・子育ての神様になったということです。

手塚治虫の「ブラック・ジャック」にも鬼子母神にちなんだお話がでてきます。

f:id:slowdreamer:20171015010745j:plain

 

境内には大きなイチョウの木があります。

樹齢700年にもなるご神木で、「子授けイチョウ、子育てイチョウ」として長く親しまれてきたとのこと。どこか包容力を感じさせる、お母さんのような木です。

f:id:slowdreamer:20171015011205j:plain

 

鬼子母神堂を出た後は、「雑司ヶ谷霊園」へ向かいました。

著名人が数多く眠ることで知られるこの霊園に、ぜひお参りしたいお墓があったのです。それは、夏目漱石のお墓です。

私は近頃、通勤電車の中で夏目漱石の「こころ」を読んでいます。

最後まで読み終わったらこのブログにも感想を書きたいと思っていますが、

人間の本質をあぶりだすような文章に引き込まれ、夢中になって読んでいます。

霊園の中から夏目漱石のお墓を見つけるのには少し苦労しましたが、

無事たどり着いたときには本当に夏目漱石の近くにいるかのような不思議な気持ちになって、「すばらしい作品をありがとうございます。」と合掌しました。

 

その後は、最終目的地の護国寺へ向かう予定だったのですが…。

もう本堂の閉まる時間がせまっていたので、

護国寺へはまた次の機会に行くことにしました。

 

東京はとにかく大都会のイメージがありましたが、

歴史ある建物や素敵なお散歩コースにも恵まれているということがわかりました。

これからも週末には、いろいろなところを巡ってみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

捨てたいもの

f:id:slowdreamer:20170917164324j:image

 

まるで星が降っているかのような景色の中に、

透き通った体のガラスハゼ。

 

私もこんな風に透き通っていられたらな、と思います。

いつからか、私の周りには少しずつ殻ができはじめ、

それはいつの間にかどんどん分厚くなって、

本当は自分の身を守るための殻だったはずなのに、

今や足枷になっている。

破りたくてもなかなか破れない殻、

窮屈で息苦しくなってくる。

 

人はおとなになるとき、

皆このような悩みをもつものでしょうか。

 

今まで必死で蓄えてきた防具を、

取捨選択して捨てる。

そういうステージに、私はいま来ています。

 

ありがとうございます

f:id:slowdreamer:20170903224322j:image

 

このブログを始めてから約1年が経ちました。

読んでくださる皆様、いつもありがとうございます。

私が日々の生活の中で見つけた素敵なものや

そこから感じたことなどを発信することで、

私自身の気持ちを整理すると同時に

読む人を少しでも元気づけられればという思いで書いています。

 

相変わらず更新頻度は低めですが、

時々思い出して読みに来ていただけると嬉しいです。

 

生きることは、間違いなく大変なことですが、

それでもあたたかくて素晴らしいことだと

私は若造なりにも思うのです。

その思いを裏付けられるようなブログにできたらと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

大瀬崎初潜り

季節はすっかり夏になりました。

ずっと憧れだった関東屈指のダイビングスポット、

伊豆半島の大瀬崎へ先日潜りに行きました!

今までは西日本の海をメインに潜ってきた私ですが、

関東の海ではまた違った景色や生き物に出会えてとても新鮮でした。

 

f:id:slowdreamer:20170717103008j:plain

見て見て!

…と言わんばかりの鮮やかな色彩が目立つオキゴンべ。

 

f:id:slowdreamer:20170717103241j:plain

f:id:slowdreamer:20170717104229j:plain

メバルとトゴットメバルの幼魚。

背中に黒い斑のあるのがトゴットメバルです。

みんなで追いかけっこをするかのように、

海藻の間をすばしっこく泳ぎまわっているのがとっても可愛い。

子どもが可愛いのはどんな動物にも共通ですね。

 

f:id:slowdreamer:20170717104543j:plain

 ヤギの一種と、トゲトゲトサカ(?)

無数に伸びる触手が幻想的です。

 

f:id:slowdreamer:20170717113258j:plain

引き込まれるような美しさのキサンゴ。

 

f:id:slowdreamer:20170717105906j:plain

トラギス。

顔の模様が綺麗なので、顔の写真がうまく撮れるまでトラギスとにらめっこしました。

 

f:id:slowdreamer:20170717110328j:plain

岩陰から覗くアカハタ。警戒しています。

写真を撮ろうとするとすぐに岩陰へ逃げ隠れてしまうので、

岩の外で待ち伏せしていたらこのようなショットが誕生。

 

 

生き物の行動の様子をよく見て、

生き物が良い表情を見せてくれるのを待ちつつ、

駆け引きしながら写真を撮っていくのは本当に楽しいことです。

生き物たちもそう簡単には良い写真を撮らせてくれないけれど、

それがまた面白くて。

言葉は通じませんが、一緒に遊んでもらっているような気持ちになります。

いつもたくさん遊んでくれる海に感謝。

また必ず潜りにきます。

 

 

 

 

楽器あそび

外はだんだんと暑くなり、夏の匂いがしてきました。

夏は外遊びも楽しいけれど、涼しい家の中で過ごすのも良いものです。

そんなわけで今日は私の休日を彩る、我が家の楽器事情について。

 

私の家には3つの楽器があります。

カリンバ、オカリナ、そしてクラシックギターです。

 

f:id:slowdreamer:20170527105201j:plain

左がカリンバ、右がオカリナですね。

カリンバは「親指ピアノ」とも呼ばれるアフリカ生まれの楽器です。

名前の通り、横に並んだ細長い金属板を親指で弾くと音が出ます。

この楽器の素晴らしいところは、

特別な練習をしなくても、誰がどんなふうに弾いても、

音楽になるというところです。

思うままに即興で弾いて、可愛い音色に癒されることができます。

そのうえ、私の持っているカリンバは「琉球音階」のカリンバです。

琉球音階には「レ」と「ラ」の音がありません。

この琉球音階カリンバなら、リズムさえ狂わせなければ

誰でも琉球音楽を楽しむことができるのです。

 

続いて、オカリナ。

私の大好きなトトロが吹いている楽器とあって、長い間私の憧れの的でした。

まだ練習を始めたばかりで全然演奏できませんが、

一音出してみただけでも、柔らかく深い音にほっとしました。

これからどんどん仲良くなりたい楽器です。

 

そして最後に、クラシックギター

大学時代の4年間、夢中になって弾き続けた楽器です。

いま家にあるマイギターは、10軒以上の店を巡って、

自分にしっくりくる音のギターを探しに探して、やっと出会ったものです。

そんな大事な相棒であるにも関わらず、

この2年間ほどは他のことですっかり忙しくなり、放置してしまいました。反省。

ギターは生きているので、

弾き手が良い弾き方でたくさん弾き込めば

そのぶん良い音をしっかり出してくれるようになります。

逆に弾き手の弾き方が悪かったり、あまり弾かなかったりすると

ギターもあまり音の出ない楽器になっていきます。

この頃はギターを弾く時間もとれそうになってきたので、

練習を再開して、マイギターが再び良い音を聞かせてくれるよう

少しずつ頑張りたいです。